[ What's NEW! ]

神奈川蔵見学☆泉橋酒造

2018年11月某日。秋晴れの週末、日本酒スタイリストでタレントの島田律子さんと、
酒サムライの清永真理子さんと共に
神奈川県海老名市にある『泉橋酒造』の蔵見学にお伺いいたしました。
 181117泉橋酒造② 

酒造りは米作りから…の信念のもと、
全国でも珍しい「栽培醸造蔵」として
酒米栽培から精米・醸造まで、すべて泉橋酒造の方々が行っています。
都心から近い神奈川県でお米作り?!…と驚きましたが、
蔵周辺の海老名耕地は丹沢山系の相模川流域に位置し、
ミネラルの豊富な地下水に恵まれ1200年以上前から耕地が開かれていたとのこと。
そんな地の利も生かし、1995年の食管法が廃止された翌年から米作りを始め、
現在では山田錦を含め、5種類の品種を栽培なさっています。
中でも「五百万石」と飯米の「どんとこい」の掛合せてできた「楽風舞」は
最近、酒造好適米に登録され、同蔵が種子販売機関として認定されたお米です。

酒米栽培から精米・醸造まで一貫しておこなうことは苦労やリスクもありますが、
メリットもあります。具体的に挙げられたのが次の3点です。
① 健康な土壌で無農薬・低農薬の酒米を栽培できる、
② 米の質を熟知した自社精米ができる、
③ 安全で安定感のある酒造りができる。
消費者の一人としても、顔の見える商品は非常に安心感があると感じます。
181117泉橋酒造⑥絞り器フネ  IMG_6564 181117泉橋酒造/ペアリング

泉橋酒造の更なる魅力は、レストランです。
海老名駅からほど近い場所にある「蔵元佳肴 いづみ橋」では、
泉橋酒造の日本酒とお料理のペアリングを堪能することができます。
私たちも蔵見学、試飲会後に、こちらのお店を訪れ、
橋場社長同席で「いづみ橋の味」を愉しませて頂きました。
お料理は、地元で採れた野菜や相模湾で水揚げされた魚、
さらに料理長の故郷である宮城県三陸の魚が用いられており、
どれも目でも舌でも満足できる品々でした。
中でも私が最も感動したのが、「滋味 さんま黄金煮」です。
黄金色に輝いた秋刀魚の美しさ、美味しさに惚れました。
そしてペアリングは「秋とんぼ 雄町 純米酒生生酛仕込み」は上燗で。
とっても幸せな気分になりました。
泉橋酒造の日本酒は、
どれも冷やして、あるいは常温で飲んでもおいしいのですが
お燗にすると一層味わい深くなる種類が豊富なのも魅力の一つです。
181117泉橋酒造⑪橋場氏 181117泉橋酒造⑨橋場氏、島田・清永様

181117泉橋酒造⑩黄金魚煮 IMG_6599 IMG_6609

まだまだ書ききれないほど、素敵な「栽培醸造蔵 いずみ橋酒造」。
ぜひ皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか。
泉橋酒造の橋場社長様、蔵をご案内くださった伊藤様、どうもありがとうございました!
☆日本酒スタイリスト 公認スポーツ栄養士 こばたてるみ ☆

【泉橋酒造株式会社】
神奈川県海老名市下今泉5-5-1
Tel 046-231-1338